1. ホーム>
  2. 獣医>
  3. バックナンバー:2016年

バックナンバー:2016年

2016年12月

2016.12.12 【お知らせ】

獣医DVDがALL 10%OFF!!
期間限定の獣医年末年始キャンペーン

ジャパンライムから日頃のご愛顧にお応えして、年末年始SALEを開催いたします。

キャンペーン

【開催期間】
2016年12月12日(月)~2017年1月23日(月)迄のお申込分

獣医DVD・1回のお買物につき
合計ご購入金額に応じて、割引率が変わります。

~99,999円  ご購入で 10% OFF!!
100,000円~ ご購入で 15% OFF!!

※キャンペーンのご利用にあたっては、
注意事項を必ずお読みください。

↓↓↓↓キャンペーンの詳細はこちら↓↓↓↓
http://www.japanlaim.co.jp/campaign/20162017vetdvd/index.html

新作も人気タイトルもお得に買える、
この大チャンスをお見逃しなく!

2016.12.05 【新作DVD】

開業獣医師が陥りやすい失敗症例への対応
~ 臨床対応力を上げる ! 様々な症例の外科治療テクニック ~


猪野正毅

■監修:猪野正毅(獣医師)
■販売価格:全1巻 10,000円(税別)

★必見!猫の重度の排便障害を伴った寛骨臼の腹側への骨折の外科治療!
★希少なVena Cava Syndrome(大静脈症候群)の臨床症状と外科治療を収録!
★知見を広げ、専門知識を深める!外科治療の症例集!


このDVDでは、事故による横隔膜ヘルニアと大腿骨骨折を伴った猫の寛骨臼骨折の外科治療などのテクニックを要する症例や、 今ではあまり遭遇する機会が少なく、外科治療の方法が分からないといった声が聞かれるVena Cava Syndrome(大静脈症候群)の 症例に焦点を当て、どのように対応すべきかを解説します。

オペの映像やスライドを交えながら、基本的な外科治療や、術中の注意点、さらに、陥りやすい失敗症例の検討も含めて解説しており、 臨床スキル向上にきっと役立つ内容となっています。このDVDをご覧になり、是非、日々の臨床にご活用ください。


  • 猪野正毅
  • 猪野正毅
  • 猪野正毅


【商品の詳細、ご注文はこちら】

VM58-S 開業獣医師が陥りやすい失敗症例への対応
~ 臨床対応力を上げる ! 様々な症例の外科治療テクニック ~
http://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gr1708/gd7913

2016.12.05 【新作DVD】

Dr.ペローの 『 整形外科手術テクニック 』
~ イヌの大腿骨骨折の内固定法 ~


イヌの大腿骨骨折の内固定法

■解説:François PEROT フランシス・ペロー(DVM)
■監訳:猪野正毅(獣医師)
■販売価格:全1巻 10,000円(税別)

★獣医外科分野の世界的権威、Dr.ペローの外科手技DVDシリーズ!
★必要な器具やその使用方法、術中のポイントなどを詳細に解説!
★複雑な骨折を単純な骨折に!外科的な理論に基づく効率的な術法!


今回は、イヌの重篤な大腿骨骨折の症例です。
Dr.ペローが考案したテクニック、および器具を用いた内固定法を、実際の手術映像で丁寧に解説しております。

この手術における、Dr.ペローの基本的な考え方は、骨折部を整復し、スクリュー固定する前に、複雑な骨折を、 単純な骨折に変更することです。これにより手術を容易にして、治療を成功へと導きます。
また、手術に必要な器具とその使用方法も詳細に解説しています。 正しい方法、正しい器具を使えば、手術は容易になります。是非このDVDを、外科テクニックのスキルアップにお役立てください。


※日本語吹替版(英語のみの音声はありません)
※このDVDは、2007年に発売されたDVDの日本語吹替版になります。映像が古く、発売当時の画質であることを、予めご了承ください。


  • イヌの大腿骨骨折の内固定法
  • イヌの大腿骨骨折の内固定法
  • イヌの大腿骨骨折の内固定法


【商品の詳細、ご注文はこちら】

VM59-S Dr.ペローの 『 整形外科手術テクニック 』
~ イヌの大腿骨骨折の内固定法 ~
http://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gr1709/gd7914

2016年11月

この月の記事はありません

2016年10月

この月の記事はありません

2016年09月

この月の記事はありません

2016年08月

この月の記事はありません

2016年07月

この月の記事はありません

2016年6月

2016.06.06 【新作DVD】

膝関節外科の失敗しない為のテクニック
猪野先生のDVDシリーズが遂にスタート!


猪野正毅

■監修:猪野正毅(獣医師)
■販売価格:20,000円(税別) 全2巻・分売不可

☆幅広い数多くの症例から学ぶ!失敗しないための極意!
☆基本的な外科治療から症状が重度の外科治療まで!


今回のDVDシリーズは、10年ほど前に、フランスのInternational Orthopedic Surgery CourseでのGeneral practitionerで、 大変評判の良かったプレゼンテーションを、改めてわかりやすく編集したものです。

様々な症例を検討しながら“失敗しない”ための外科テクニックを学びます。
その中で病態の理解、基礎的な外科治療、症状が重度で難易度の高い外科治療などを写真や、動画を交えて解説。
術前から、術後経過までを通して、一つひとつの治療のストーリーをみることができるDVDです。

シリーズ第1弾の今回は、『イヌの膝蓋骨脱臼の外科治療』です。
膝蓋骨脱臼の病態は非常に複雑ですが、外科治療の基本的なコンセプトは、 大腿直筋-膝蓋骨-脛骨稜のアライメントの矯正と無菌手術です。
したがって、失敗しないためには、関節包や脛骨稜が破綻しないようにすること、そして感染症を避けることが重要です。

このDVDでは、小型犬から大型犬、そして比較的軽度なものから重度なものまで、 膝蓋骨内方・外方脱臼の様々な症例を紹介し、X線所見や術中のポイントを解説していきます。

  • 膝蓋骨脱臼の外科治療
  • 膝蓋骨脱臼の外科治療
  • 膝蓋骨脱臼の外科治療


【商品の詳細、ご注文はこちら】

VM56-S イヌの膝蓋骨脱臼の外科治療
http://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gd7759




猪野正毅

■監修:猪野正毅(獣医師)
■販売価格:10,000円(税別) 全1巻

☆整形外科の専門知識を深める!猪野先生のDVDシリーズ第二弾!
☆前十字靭帯断裂治療のための最新手術法、TPLOのテクニック!


シリーズ第2弾の今回は、『イヌの前十字靭帯断裂の外科治療』です。
前十字靭帯断裂(ACLR)の外科治療の基本的なコンセプトは、 脛骨近位の前方への滑り出しと脛骨内旋の矯正、そして無菌手術です。

このDVDでは、術前と術後の歩様の変化に着目しながら、治療の一連の流れを解説。 テクニックとともに、術中の注意すべきポイントなどを随所に盛り込んでいます。 また、前十字靱帯断裂の治療法として、特に大型犬に有効とされるTPLOのテクニックもご紹介します。


  • 前十字靭帯断裂の外科治療
  • 前十字靭帯断裂の外科治療
  • 前十字靭帯断裂の外科治療


【商品の詳細、ご注文はこちら】

VM57-S イヌの前十字靭帯断裂の外科治療
http://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gd7760

2016年05月

この月の記事はありません

2016年04月

この月の記事はありません

2016年03月

2016.03.02 【撮影レポート】

猪野正毅先生
膝関節外科の失敗しない為のテクニック


猪野正毅

整形外科を専門とする猪野正毅先生による、獣医DVD新シリーズです!
今回はイヌの膝蓋骨内方・外方脱臼と前十字靭帯断裂の外科治療になります。
様々な症例で、オペ前の様子、術中のポイント、オペ後の様子などを写真や動画を交えて解説。

今回のテーマは“失敗しない”ことです。これは手術において最も大事なことです。
こうすれば失敗しない、こうすると失敗する、といったことを成功症例だけでなく、
失敗症例も検討することで学んでいきます。
DVD全体にストーリー性があり、非常によくまとまっているため、 理解しやすい内容となっています。

発売は5月~6月を予定しています。ご期待ください。

2016年02月

2016.02.01 【新作DVD】

cpd solutions スペシャリスト・シリーズ Vol.22
小動物整形外科疾患に対する一般的なアプローチ

商品番号:VM55-S
販売価格:10,000円+税(全1巻)
作品分数:67分

■解説:Eithne Comerford:エスニー・カマーフォード教授
■監訳:松田浩珍(東京農工大学大学院農学研究院教授/元米国エール大学医学部招聘客員教授)
※日本語吹替版(英語のみの音声はありません)


★アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアの獣医師も学んでいる卒後教育用DVDシリーズ!
★前肢・後肢への様々なアプローチ!処置・術技のポイントを解説!
★実際の手術映像を使用したサージカルテクニック集!



このDVDでは、小動物臨床でよく見られる、前肢・後肢の整形外科疾患に対する一般的なアプローチについて解説します。 解説は、RCVS/ECVS専門医エスニー・カマーフォード教授です。

外科アプローチには様々な方法がありますが、ここでは包括的な指針を示しながら臨床で頻繁に行われる一般的な外科アプローチについて、 各術式の手術映像を交えて解説します。

一問一答形式で、術技のポイントや術中に注意すべき構造など、獣医師が知っておきたい内容を分かりやすく解説していますので、 外科手技のスキルアップを目指す方々に、是非ご覧いただきたいDVDです。



  • 小動物整形外科疾患に対する一般的なアプローチ
  • 小動物整形外科疾患に対する一般的なアプローチ
  • 小動物整形外科疾患に対する一般的なアプローチ

小動物整形外科疾患に対する一般的なアプローチ

DVDの内容

■前肢への一般的な外科アプローチ
◎肩関節への最も一般的なアプローチとは何ですか?
◎肩関節への尾外側アプローチはどのように行いますか?
◎関節包には、どのようにアプローチするのですか?
◎自家骨移植片を入手するために、上腕骨頭側にはどのようにアプローチするのですか?
◎なぜ、頭内側の肩関節と上腕二頭筋腱にアプローチしなければならないのですか?
◎上腕骨顆と上顆の外側面へのアプローチは、いつ使うのですか?
◎肘関節の内側関節切開術は、どのように行うのですか?
◎手根骨への背側アプローチは、どのような時に、どうやって行うのですか?  など


■後肢への一般的な外科アプローチ
◎イヌの股関節に、最も一般的に使われるアプローチとは何ですか?
◎腸骨大腿縫合が推奨される症例と禁忌な症例と何ですか?
◎股関節脱臼に、経寛骨臼ピンニング法を用いるのは、どんな時ですか?
◎大腿骨頭および大腿骨頸の切除はどのように行うのですか?
◎腸骨翼や腸骨体へは、どのようにアプローチをするのですか?
◎半月板断裂は、どのように検査するのですか?
◎膝蓋骨内方脱臼の治療における、脛骨粗面移植術は、どのように行うのですか?
◎内側足根関節へのアプローチは、どんなときに行うべきですか?  など


小動物整形外科疾患に対する一般的なアプローチ

サンプル動画





【商品の詳細、ご注文はこちら】

VM55-S 小動物整形外科疾患に対する一般的なアプローチ
http://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gd7668

2016年01月

この月の記事はありません