1. ホーム>
  2. 発達障害支援>
  3. セミナー情報

発達障害支援

現在申込み受付中のセミナー

・11月23日東京開催『第2回「愛着障害と発達障害」の理解とその支援』講師:米澤好史
・11月4日午後 大阪開催『第3回 発達が気になる子への生活動作の教え方』セミナー講師:鴨下賢一
・11月4日午前 大阪開催『第4回 発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ』セミナー講師:鴨下賢一
・10月20日大阪開催『発達障害のある子どもの思春期と性/感情コントロール』講師:伊丹昌一
・10月13日14日東京開催『発達が気になる子の家族支援(実践編)』講師:土屋徹
・10月6日午後 東京開催『「数と計算」の学習支援』講師:澳塩渚
・10月6日午前 東京開催『あそびでまなぶ!未就学児の発達支援』講師:近藤 鮎子
・9月29日大阪開催『放課後等デイサービス研修セミナー』講師:松本太一
・9月23日午後 福岡開催『第2回 発達が気になる子への生活動作の教え方』セミナー講師:鴨下賢一
・9月23日午前 福岡開催『第3回 発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ』セミナー講師:鴨下賢一
・9月22日福岡開催『発達が気になる子の学習支援/発達性読み書き障害(ディスレクシア)』講師:澳塩渚/平岩幹男
・9月1日福岡開催『発達の気になる子どものビジョントレーニング』セミナー講師:北出勝也
・8月25日北海道開催『育てにくい子にはわけがある』講師:木村順
・8月11日福岡開催『学びのユニバーサルデザイン(UDL)ガイドラインの理解と授業づくり』講師:納富恵子
・8月4日東京開催『漢字の読み書きへの学習支援』講師:澳塩渚
・8月4日東京開催『女の子・女性の発達障害とサポート』講師:末吉彩香
・7月28日東京開催『運動・体育の指導&サポート法』講師:笹田哲
・7月7日大阪開催『第2回 不器用な子どもたちのからだづくり』講師:中尾繁樹/北出勝也/植田真由

セミナータイトルをクリックすると詳細ページにジャンプします。




第2回「愛着障害と発達障害」の理解とその支援<東京開催>

第2回「愛着障害と発達障害」の理解とその支援<東京開催>



発達障害と混同されやすく、支援が困難になりやすい愛着障害、愛着の問題を抱える子どもについて、 愛着形成と愛着障害についての誤解も指摘しながら、「愛着障害と発達障害」の違いとその見極めのポイント、支援の違いをお話します。

そして、愛着の問題を抱える子どもへの適切ではない対応を確認し、「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラムの実際を紹介しながら、 愛着障害への支援、愛着障害と発達障害を併せ持つ場合の支援のあり方についてお話します。

■講師
米澤 好史先生

米澤 好史先生
和歌山大学教育学部教授
臨床発達心理士スーパーバイザー/学校心理士スーパーバイザー/
上級教育カウンセラー/ガイダンスカウンセラー


【 日時・会場  】
日 程: 2019年 11月23日(土・祝) 10:00~15:30 (開場 9:30)
会 場:全労連会館 2階ホール
    東京都文京区湯島2-4-4(総武線 御茶ノ水駅から徒歩8分)
定 員:150名
受講料:6,480円(税込)

☆2名以上申込みでお得!☆
1名あたりの受講料6,480円(税込)⇒5,400円(税込)に!
(例:2名様の場合、5,400円×2=合計10,800円)

※複数名お申込の場合は、代表の方がまとめて受講料をお振込みください。
※申込みフォームの「お連れ様」にご記入ください。

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。

【 セミナー参加対象  】
支援者
※保護者の方もご参加いただけますが、
支援者向けの内容になりますので、
ご了承のほどお願いいたします。



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




第3回 発達が気になる子への生活動作の教え方<大阪開催>

第3回 発達が気になる子への生活動作の教え方<大阪開催>



※本セミナーは、6月2日(日)開催のセミナーと同じ内容です。ご要望にお応えして大阪開催が決定しました!

子どもが成長する中で獲得していく、食事、更衣、排泄は、単に身辺自立が出来るようになるだけでなく、手の機能や認知・言語機能などの発達にも影響を与えます。 また、出来るようになることで、自己評価が高まり、最も大切な自尊感情の発達にも良い影響を与えます。 しかし、発達が気になる子どもたちの中には、いくら教えてもうまくできないことがあります。
それは、うまくできない原因がいくつもあり、その子どもにあった教え方になっていないことが考えられます。 また、大人と同じやり方ではなく、子どもの発達にあった段階を順に教えていくことも大切になります。

本セミナーでは、発達段階を踏まえた、生活の中で取り入れられる具体的な支援方法をお伝えしたいと思います。

■講師
鴨下賢一先生

鴨下賢一先生
作業療法士。専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育)。
1989年静岡医療福祉センター入職。
1993年より静岡県立こども病院へ入職。
2019年3月に27年間勤務した静岡県立こども病院を退職し、
同年4月より、株式会社児童発達支援協会を創立し、福岡県にて障害児通所支援事業を開始する。


【 日時・会場  】
日 程: 2019年 11月4日(月・祝)13:00~16:00 (開場 12:30)
会 場:エル・おおさか(大阪府立労働センター)6階 大会議室
大阪府大阪市中央区北浜東3−14(京阪本線・地下鉄谷町線「天満橋駅」より徒歩 5 分)
定 員: 140名
受講料: 4,000円(税込)

【 当日の持ち物 】
・ハサミ1本

講義の中で使用します。各自ご持参いただきますようお願いいたします。



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




第4回 発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ<大阪開催>

第4回 発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ<大阪開催>



※本セミナーは、2月23日(土)開催、6月2日(日)開催のセミナーと同じ内容です。ご要望にお応えして大阪開催が決定しました!

発達が気になる子への読み書き指導には、確立された方法がありません。その理由としては、読み書きに困難さが起こる原因の多様さが考えられます。 発達が気になる子への「書きの指導」に関しては、点結びや線なぞり、平仮名のなぞり書き、自分の名前を繰り返し書き続ける。 「読み指導」に関しては、友達の名前と写真や、文字カード同士を合わせる取り組みで留まっていることが見受けられます。

読み書き指導には、文字がどのように読めるようになり、書けるようになっていくのかといった発達段階を理解し、 さらには、困難さの原因分析とそれにむけた支援の必要があります。また、読める・書けるだけでなく、読んで理解する、 意味のある文章を書ける、人に伝えられるといった、「意味のある読み書きの力」を育てていく必要があります。

今回のセミナーでは、「発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ (中央法規出版)」の「読みと書きを連動した指導」を紹介し、 読み書き指導と併せて促す、認知・言語・コミュニケーション、上肢機能発達支援についてもお伝えしたいと思います。

■講師
鴨下賢一先生

鴨下賢一先生
作業療法士。専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育)。
1989年静岡医療福祉センター入職。
1993年より静岡県立こども病院へ入職。
2019年3月に27年間勤務した静岡県立こども病院を退職し、
同年4月より、株式会社児童発達支援協会を創立し、福岡県にて障害児通所支援事業を開始する。


【 日時・会場  】
日 程: 2019年 11月4日(月・祝)10:00~12:00 (開場 9:30)
会 場:エル・おおさか(大阪府立労働センター)6階 大会議室
     大阪府大阪市中央区北浜東3−14(京阪本線・地下鉄谷町線「天満橋駅」より徒歩 5 分)
定 員: 140名
受講料: 3,500円(税込)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




発達障害のある子どもの思春期と性/感情コントロール

発達障害のある子どもの思春期と性/感情コントロール



本セミナーは、午前・午後でテーマを分けておりますが、お申込は1日通しのみになります。 午前または午後のみご参加いただくことは可能ですが、 受講料は1日通し受講料になりますのでご了承ください。

◆午前の部 10:00-12:00
「発達障害のある子どもの思春期と性に関する指導」小学校4年生以降
発達障害のある子どもたちの思春期はそのほかの子どもと同じように自分とは何者かを探す時期です。
この時期前後に注意すべきことを述べるとともに、思春期に起こりがちな性に関する課題とその対応法についてお話します。

◆午後の部 13:00-15:00
「子どもと大人の感情コントロール」全年齢対象
発達障害のある子どもたちは周囲の無理解という高い壁の中で生活しています。
当然、ストレスも高く、そのイライラの解消法は喫緊の課題です。
また、彼らを支える支援者や保護者も子どもの感情の波に飲み込まれそうになる時があります。
今回は、発達障害のある子どもの感情コントロール法、そしてその子どもたちに関わる支援者や
保護者の感情コントロール法を、特に怒りの感情について上手なコントロールの仕方をお話します。

■講師
伊丹昌一 先生

伊丹昌一 先生
梅花女子大学心理こども学部心理学科 教授


【 日時・会場 】
日 程: 2019年 10月20日(日) 10:00~15:00 (開場 9:30)
会 場: 大阪コロナホテル 別館2F
    大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3番21号
(JR新大阪駅東口より 徒歩2分)
定 員: 190名
受講料:6,480円(税込)

☆2名以上申込みでお得!☆
1名あたりの受講料6,480円(税込)⇒5,400円(税込)に!
(例:2名様の場合、5,400円×2=合計10,800円)

ぜひご友人や職場の皆様とご一緒にご参加ください!

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




発達が気になる子の家族支援(実践編)

発達が気になる子の家族支援(実践編)



このセミナーでは、家族支援の実際を体験をしながら学びます。 発達が気になる子たちの家族への支援は、子への支援と同時に様々な現場で重要性が語られています。
しかし、実際には「家族への関わりは難しい」とどのように関わりを持ったらいいのかなど、 講義を聞くことことはあってもそれだけでは実践には結び付きません。

今回のセミナーでは、理論だけではなくペアレントトレーニングを中心として、家族心理教育・家族SST・ご家族との面接の仕方など 、ご家族と関わり持つときに明日からでも始められるような取り組みを参加者皆さんで体験する時間を多く持ちながら学んでいきたいと思います。
療育等に係る支援者だけではなく、ご家族にも参加していただき共に学びあえるような内容としています。

本セミナーは2日間の開催です。お申込みは両日参加のみとなります。

1日目 10月13日(日)18:30~20:30
発達が気になる子の家族支援とは(講義を中心に)

2日目 10月14日(祝)10:00~16:00
ペアレントトレーニングを中心として、ご家族からの相談の受け方・ご家族が子供と対応する力を身に付ける家族SSTなどについて 実践を中心に進めたいと思います。

■講師
土屋徹 先生

土屋徹 先生
フリーランスナース/ソーシャルワーカー/SST普及協会認定講師


【 日時・会場 】
日 程:
1日目 2019年 10月13日(日) 18:30~20:30 (開場 18:00)
2日目 2019年 10月14日(月・祝) 10:00~16:00 (開場9:30)

会 場:ジャパンライムセミナースタジオ
東京都文京区本郷4-2-8 フローラビル3F 
東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「本郷三丁目」駅 徒歩2分
定 員:36名
受講料:2日分 12,960円(税込)
    ※各日単独の受講はできませんのでご了承ください。

昼食はご用意していません。各自でお取りください。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




「数と計算」の学習支援

「数と計算」の学習支援



ご要望の多かった、テーマ別の学習支援セミナー開催決定!第3回は「数と計算」です。

うまく数えられない、大小がわからない、計算がうまくできない。文章題の理解が難しい。
そんな数の学習につまずきについて解説します。
数を理解する発達の段階を解説し、つまずきの背景を丁寧に解説します。
それぞれのつまずきに合わせた具体的なサポート方法や教材の使い方なども紹介します。

※今回の研修では、小学生(主に1年生~4年生)への
 学習支援についてお話いただきます。

■講師
澳塩渚先生

澳塩 渚 先生
臨床心理士 / 学習支援教室「まなびルーム ポラリス」主宰
 

【 日時・会場  】
日 程: 2019年 10月6日(日) 13:30~16:00 (開場 13:00)
※15:30~16:00質疑応答
会 場:中央労働基準協会支部  4階ホール
    東京都千代田区二番町9-8
定 員: 72名
受講料:3,500円(税込)


【 動画配信について 】
当日、講演の様子を撮影し、JLCオンデマンド 発達支援コース にて、 10/11~10/31の期間限定の期間限定で、配信する予定です。※配信開始日は若干前後する可能性があります。

時間や場所の都合によりセミナーにご参加できない方は、ぜひ動画配信もご検討ください。 月額1,800円(税別)で、本講演のほかにも様々な動画を視聴することができます。

< 注意点 >
・動画配信視聴の場合、印刷物の配布や資料のダウンロードはございません。
・質疑応答は配信いたしません。
・すでに発達支援コースに登録し、10月も更新される方は新たにコース購入する必要はございません。

※なお、セミナーにご参加いただいた方は、参加特典として、発達支援コースを10月中は無料視聴していただけます。


【 撮影について 】
当日、講演の様子を撮影いたしますが、スクリーンと講師を撮影しますので、参加者のお顔を映すことはありません。
ただし、遅れて入場された場合や途中離席された場合など、位置によっては映り込む可能性がございます。予めご了承ください。
なお、質疑応答は収録いたしません。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




あそびでまなぶ!未就学児の発達支援

あそびでまなぶ!未就学児の発達支援



学びは、ワクワクする活動の中でこそ育まれます。
お子さんのワクワクを見つけて、その世界に参加したり広げたりすることができたら素敵ですよね。
様々なことに興味を持って、楽しいと感じる気持ちを育てていくステップや、 活動の中で何を学んでいるのかを探求すると、きっとお子さんとの遊びがもっと楽しくなります。
あそびの中でのまなびとは何か、心理学的なメカニズムもお伝えしながら一緒に考えていければと思います。

■講師
近藤鮎子 先生

近藤 鮎子 先生
臨床発達心理士、保育士


日 程: 2019年 10月6日(日) 9:40~12:10 (開場 9:15)
会 場:中央労働基準協会支部  4階ホール
    東京都千代田区二番町9-8
定 員: 72名
受講料:3,500円(税込)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




放課後等デイサービス研修セミナー<大阪開催>

放課後等デイサービス研修セミナー<大阪開催>



放課後等デイサービスは、障害のあるお子さんの発達を支援する上で、家庭・学校に次ぐ第三の場として重要な役割を果たします。 しかし、ここ数年で新たな事業所が大量に開設され、サービスの質の低下が指摘されています。
こうした状況を受け、本セミナーでは、放課後等デイサービスで障害のあるお子さんが安心して過ごせ、健やかに発達できるために、 「これだけは押さえておいてほしい」という内容をお伝えします。

■講演内容
◎放課後等デイサービスの役割とは
 ⇒放課後デイの役割を「養護」「ケア」「療育」の3つの軸で見つめ直す
◎保護者面談の進め方
 ⇒独自作成のヒアリングシートを使って詳解
◎「個別支援計画」の書き方
 ⇒具体的で、しかも実現可能な計画の書き方を実例を交えて解説
◎プログラムの作成
 ⇒どんなプログラムを組む上でも大切な「発達段階の見極め」を中心に解説
◎教室環境の整備
 ⇒お子さんが過ごしやすい環境設定を、実際の事業所の取材映像を交えて紹介
◎教材・遊具の選定
 ⇒活用の幅が広いツールを精選して解説
◎指導員の関わり方
 ⇒指導員としてなすべきこと、なすべきでないことを箇条書きで解説

※放課後等デイサービスのサービスの質向上を目的としたセミナーです。
 経営ノウハウや制度の解説は含みませんのでご了解ください。

※主に知的障害・発達障害のあるお子さんが通う教室を想定した内容です。
 身体障害のあるお子さんや医療的ケアを必要とするお子さんへの介助技法の説明などは含みませんのでご了解ください。

■講師
松本太一 先生

松本太一 先生
放課後等デイサービス コンサルタント/アナログゲーム療育アドバイザー


【 日時・会場 】
日 程: 2019年 9月29日(日) 10:00~16:00 (開場 9:30)
会 場:大阪社会福祉指導センター 5階ホール
     大阪市中央区中寺1-1-54(谷町六丁目駅下車②・③番出口より 徒歩5分)
定 員: 120名
受講料:6,480円(税込)

☆2名以上申込みでお得!☆
1名あたりの受講料6,480円(税込)⇒5,400円(税込)に!
(例:2名様の場合、5,400円×2=合計10,800円)

※複数名お申込の場合は、代表の方がまとめて受講料をお振込みください。
※複数名お申込の割引適用は、一括申込に限ります。
 別々に申し込まれた場合は対象外となりますのでご注意ください。

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




第2回 発達が気になる子への生活動作の教え方<福岡開催>

第2回 発達が気になる子への生活動作の教え方<福岡開催>



※本セミナーは、6月2日(日)開催のセミナーと同じ内容です。ご要望にお応えして福岡開催が決定しました!

子どもが成長する中で獲得していく、食事、更衣、排泄は、単に身辺自立が出来るようになるだけでなく、手の機能や認知・言語機能などの発達にも影響を与えます。 また、出来るようになることで、自己評価が高まり、最も大切な自尊感情の発達にも良い影響を与えます。 しかし、発達が気になる子どもたちの中には、いくら教えてもうまくできないことがあります。
それは、うまくできない原因がいくつもあり、その子どもにあった教え方になっていないことが考えられます。 また、大人と同じやり方ではなく、子どもの発達にあった段階を順に教えていくことも大切になります。

本セミナーでは、発達段階を踏まえた、生活の中で取り入れられる具体的な支援方法をお伝えしたいと思います。

■講師
鴨下賢一先生

鴨下賢一先生
作業療法士。専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育)。
1989年静岡医療福祉センター入職。
1993年より静岡県立こども病院へ入職。
2019年3月に27年間勤務した静岡県立こども病院を退職し、
同年4月より、株式会社児童発達支援協会を創立し、福岡県にて障害児通所支援事業を開始する。


【 日時・会場  】
日 程: 2019年 9月23日(月・祝)13:00~16:00 (開場 12:30)
会 場:リファレンス駅東ビル 3階 H-2会議室
福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目16-14(博多駅筑紫口から徒歩5分)
定 員: 140名
受講料: 4,000円(税込)

【 当日の持ち物 】
・ハサミ1本

講義の中で使用します。各自ご持参いただきますようお願いいたします。



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




第3回 発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ<福岡開催>

第3回 発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ<福岡開催>



※本セミナーは、2月23日(土)開催、6月2日(日)開催のセミナーと同じ内容です。ご要望にお応えして福岡開催が決定しました!

発達が気になる子への読み書き指導には、確立された方法がありません。その理由としては、読み書きに困難さが起こる原因の多様さが考えられます。 発達が気になる子への「書きの指導」に関しては、点結びや線なぞり、平仮名のなぞり書き、自分の名前を繰り返し書き続ける。 「読み指導」に関しては、友達の名前と写真や、文字カード同士を合わせる取り組みで留まっていることが見受けられます。

読み書き指導には、文字がどのように読めるようになり、書けるようになっていくのかといった発達段階を理解し、 さらには、困難さの原因分析とそれにむけた支援の必要があります。また、読める・書けるだけでなく、読んで理解する、 意味のある文章を書ける、人に伝えられるといった、「意味のある読み書きの力」を育てていく必要があります。

今回のセミナーでは、「発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ (中央法規出版)」の「読みと書きを連動した指導」を紹介し、 読み書き指導と併せて促す、認知・言語・コミュニケーション、上肢機能発達支援についてもお伝えしたいと思います。

■講師
鴨下賢一先生

鴨下賢一先生
作業療法士。専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育)。
1989年静岡医療福祉センター入職。
1993年より静岡県立こども病院へ入職。
2019年3月に27年間勤務した静岡県立こども病院を退職し、
同年4月より、株式会社児童発達支援協会を創立し、福岡県にて障害児通所支援事業を開始する。


【 日時・会場  】
日 程: 2019年 9月23日(月・祝)10:00~12:00 (開場 9:30)
会 場:リファレンス駅東ビル 3階 H-2会議室
    福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目16-14(博多駅筑紫口から徒歩5分)
定 員: 140名
受講料: 3,500円(税込)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




発達が気になる子の学習支援/発達性読み書き障害(ディスレクシア)<福岡開催>

発達が気になる子の学習支援/発達性読み書き障害(ディスレクシア)<福岡開催>



本セミナーは、午前に澳塩先生による学習支援セミナー、午後に平岩先生によるディスレクシアセミナー、最後にお二人の対談を行います。

【 日時・会場 】
日 程: 2019年 9月22日(日)9:50~16:15 (開場 9:20)
会 場:リファレンス駅東ビル 3階 H-2会議室
    福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目16-14(博多駅筑紫口から徒歩5分)
定 員: 150名
受講料: 6,480円(税込)

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。


午前の部 9:50~12:20 

発達が気になる子の学習支援


近年、学習面または行動面において困難をもつ児童生徒は全体の6.5%、40人クラスでは1クラスにつき2人から3人存在すると言われています。 学びのつまずきは教科学習の成績不振にとどまらず、学習意欲の低下や自己肯定感の低下を招くこともあります。 このような状況の中で、個人に合わせた特別支援教育の必要性が高まっています。

ひらがな、漢字を書くのが難しい。読むのが難しい。計算の間違いが多い。文章の内容を理解しにくいなど、これらの困難は、ただ学習を繰り返せば改善するものではありません。

この研修では、様々な学習のつまずきの背景を説明するとともに、具体的なサポートの方法をお伝えします。
また、身近なもので活用できる教具、教材の作り方もご紹介します。
ご家庭、学校、学習支援教室などでぜひお役立てください。

※今回の研修では、小学生(主に1年生~4年生)への
 学習支援についてお話いただきます。

■講師
澳塩渚先生

澳塩渚 先生
臨床心理士 / 学習支援教室「まなびルーム ポラリス」主宰
 

午後の部 13:10~15:20 

発達性読み書き障害(ディスレクシア):
どうやって見つけてどうやってトレーニングする?


  言語的コミュニケーションには音声言語(聞く、話す)と文字言語(読む、書く)がありますが、発達性読み書き障害(ディスレクシア)は 音声言語の遅れは明らかではないにもかかわらず、文字言語が苦手であることが特徴です。
  多くは小学校に入ってから国語力が身につかないことで「発見されるはず」ですが、国語力が低いと「知的な遅れ」として扱われることがしばしばです。
  本来、知的には異常はありませんので、どうやって見つけるか、そしてトレーニングによって改善することが多く、 どうやってトレーニングするかがポイントになります。
 
 
  ■講師
平岩幹男先生

平岩幹男 先生
国立研究開発法人国立成育医療研究センター 理事
日本小児保健協会 常任理事・副会長
東京大学医学部小児科 非常勤講師
Rabbit Developmental Research 代表


対談 15:35~16:15 

1日のしめくくりとして、澳塩先生と平岩先生による対談を予定しております。
今回のセミナーテーマに沿った内容で進めてまいります。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




『発達の気になる子どものビジョントレーニング』セミナー<福岡開催>

『発達の気になる子どものビジョントレーニング』セミナー<福岡開催>



視覚機能の問題は気づかれにくく、子どもは一生懸命がんばっているのに、 「努力がたりない」、「もっとがんばりなさい」といった指導をされることがあります。
この時に、視覚機能の知見があれば、子どもたちの色々なサインから視覚機能の弱さに気づき、個別の配慮につなげることができるのです。

本セミナーでは、眼球運動の問題によってどのような困り感がみられるのか、どのようにして観察するのかを解説し、 視覚機能の問題にあわせて行える、ビジョントレーニングをご紹介します。

今回は、1DAYセミナーとなりますので、さまざまな検査法・トレーニング方法をご紹介いただく予定です。
実技も多くとりいれたセミナーですので、参加者の皆様も一緒に行いながら学んでいただけます。

子どもたちが楽しく遊びながら行えるものも多くありますので、ぜひ日常の中に取り入れていただければと思います。

■講師
北出勝也 先生

北出勝也 先生
視機能トレーニングセンター JoyVision 代表


【 日時・会場 】
日 程: 2019年 9月1日(日) 10:00~15:00(開場 9:30)
会 場: リファレンス駅東ビル 5階 V-1会議室
福岡市博多区博多駅東1丁目16-14(JR博多駅 筑紫口より徒歩4分)
定 員: 95名
受講料:6,480円(税込)

☆2名以上申込みでお得!☆
1名あたりの受講料6,480円(税込)⇒5,400円(税込)に!
(例:2名様の場合、5,400円×2=合計10,800円)

※複数名お申込の場合は、代表の方がまとめて受講料をお振込みください。
※複数名お申込の割引適用は、一括申込に限ります。  別々に申し込まれた場合は対象外となりますのでご注意ください。

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。
※実技がありますので、動きやすい服装でお越しください。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




第4回 育てにくい子にはわけがある<札幌開催>

第4回 育てにくい子にはわけがある<札幌開催>
~基礎感覚を育てる療育~



日々接する子どもたちがみせる「こだわり」や「自傷」「他害」といった問題行動は、私たち支援者を大いに悩ませるものでしょう。 そのすべてを説明できるものではないにしても、一つの視点として「基礎感覚」の発達のつまずきがあります。しかし、基礎感覚は子どもに関わる親や支援者が自分の体で実感するのが困難なものなので、その問題の所在が見えにくく解決できないまま育ってきていることが多いのです。
この講演では、「感覚統合」という分野から、基礎感覚の発達とそれを支える脳のしくみや働きを学び、 子どもたちがどこでどのようなつまずきを抱えているかを考えてみたいと思います。 さらに、現場で行える具体的なアプローチもご紹介します。

【 セミナー参加対象 】
発達障害支援に携わる方
※保護者の方もご参加いただけますが、
支援者向けの内容になりますので、ご了承のほどお願いいたします。  

<セミナー参加者の声> ※一部抜粋
・本で読んだ内容がより深堀され理解が深まった。
・お話の内容は専門的ですが、わかりやすく説明してくださったのでとてもためになりました。
・基礎感覚についてきちんと学びたかったので参加させていただいて非常にためになりました。
・職場での子どもをイメージしながら聴くことができました。
・実践的な内容も多く、明日から活かせそうです。

■講師
木村順先生

木村 順 先生
療育塾ドリームタイム 作業療法士 
 

【 著書 】
育てにくい子にはわけがある(大月書店)
保育者が知っておきたい 発達が気になる子の感覚統合(学研プラス)
その他多数。

【 日時・会場 】
日 程: 2019年 8月25日(日) 9:30~16:00 (開場 9:10)
会 場:北海道自治労会館 5階 大ホール
    北海道札幌市北区北6条西7丁目5-3
定 員: 240名
受講料:6,480円(税込)

☆2名以上申込みでお得!☆
1名あたりの受講料6,480円(税込)⇒5,400円(税込)に!
(例:2名様の場合、5,400円×2=合計10,800円)

※複数名お申込の場合は、代表の方がまとめて受講料をお振込みください。
※複数名お申込の割引適用は、一括申込に限ります。
 別々に申し込まれた場合は対象外となりますのでご注意ください。

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




学びのユニバーサルデザイン(UDL)ガイドラインの理解と授業づくり

学びのユニバーサルデザイン(UDL)ガイドラインの理解と授業づくり



~納富先生より~
インクルーシブ教育システムの構築が目指されるなか「わかる、できる、もっと」と思える通常の学級での授業づくりのヒントとして 脳科学や様々な学習理論を包括した学びのユニバーサルデザイン(UDL)は役立つと考え、現職教員の方々と実践を続けてきました。

個々の子どもたちの学びをを大切にするために、どのようなヒントが得られるか、基礎的な考え方と小学校での実践を紹介します。
また、ワークショップを通じて、授業作りのヒントを交流しましょう。

■講師
納富恵子先生

納富恵子 先生
福岡教育大学大学院教育学研究科 教職実践講座 教授(医師)


【 日時・会場 】
日 程: 2019年 8月11日(日) 10:00~16:00 (開場 9:30)
会 場:天神クリスタルビル 3階ホール
    福岡県福岡市中央区天神4丁目6-7(福岡市営地下鉄空港線「天神駅」徒歩4分)
定 員:80名
受講料:6,480円(税込)

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。

※本セミナーは、撮影してジャパンライムよりDVDとして発売する予定です。
撮影に際しては、受講者の皆様の顔が写らないように配慮いたします。
 (グループワークでは、撮影を許諾いただいた方のみ撮影いたします。)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




漢字の読み書きへの学習支援

漢字の読み書きへの学習支援
テーマ別 発達が気になる子の学習支援セミナー



ご要望の多かった、テーマ別の学習支援セミナー開催決定!第2回は漢字の読み書きです。

漢字はひらがなとは違った特徴を持つ文字です。
そのため、ひらがなよりも理解しやすい子もいれば、ひらがなと比べて漢字の理解にとても苦労する子もいます。
漢字を音・形・意味に分解し、それぞれのつまずきにどのようなサポートができるのかを丁寧に解説していきます。
漢字を学びやすくなる教材や、学び方の工夫についてもお話しします。

※今回の研修では、小学生(主に1年生~4年生)への  学習支援についてお話いただきます。

■講師
澳塩渚先生

澳塩 渚 先生
臨床心理士 / 学習支援教室「まなびルーム ポラリス」主宰
 

【 日時・会場 】
日 程: 2019年 8月4日(日) 13:30~16:00 (開場 13:00)
※15:30~16:00質疑応答
会 場:中央労働基準協会支部  4階ホール
    東京都千代田区二番町9-8
定 員: 72名
受講料:3,500円(税込)


【 動画配信について 】
当日、講演の様子を撮影し、JLCオンデマンド 発達支援コース にて、 8/9~8/31の期間限定で、配信する予定です。※配信開始日は若干前後する可能性があります。

時間や場所の都合によりセミナーにご参加できない方は、ぜひ動画配信もご検討ください。 月額1,800円(税別)で、本講演のほかにも様々な動画を視聴することができます。

< 注意点 >
・動画配信視聴の場合、印刷物の配布や資料のダウンロードはございません。
・質疑応答は配信いたしません。
・すでに発達支援コースに登録し、8月も更新される方は新たにコース購入する必要はございません。

※なお、セミナーにご参加いただいた方は、参加特典として、発達支援コースを8月中は無料視聴していただけます。


【 撮影について 】
当日、講演の様子を撮影いたしますが、スクリーンと講師を撮影しますので、参加者のお顔を映すことはありません。
ただし、遅れて入場された場合や途中離席された場合など、位置によっては映り込む可能性がございます。予めご了承ください。
なお、質疑応答は収録いたしません。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




女の子・女性の発達障害とサポート

女の子・女性の発達障害とサポート



一般的に、発達障害は男性の人口が多いとされています。例えば自閉スペクトラム症(ASD)の場合は男性:女性が4:1の割合、 注意欠如多動性障害(ADHD)では男性:女性が2.5:1の割合、と言われています。
そのため、女性の発達障害児・者は「マイノリティの中のマイノリティ」と言われることもあり、 女性ならではの困りごとを抱えることも少なくありません。

本セミナーでは、 学齢期から思春期を経て、大学生、就職後まで、 発達障害のある女の子・女性ならではの特性や困りごとについてご紹介し、そのサポートまでをお話します。

■講師
末吉 彩香 氏
2015年Kaien入社。放課後等デイサービスTEENSでの勤務を経て発達障害のある大学生・専門学校生向けのガクプロを担当。 現在筑波大学大学院博士後期課程に在籍しながら同大アクセシビリティ部門発達障害学生支援プロジェクトの非常勤研究員もつとめる。 研究分野は発達障害傾向のある大学生のキャリアサポート。

【 日時・会場 】
日 程: 2019年 8月4日(日) 10:00~12:00 (開場 9:30)
会 場:中央労働基準協会支部  4階ホール
    東京都千代田区二番町9-8( 東京メトロ有楽町線麹町駅下車 徒歩3分)
定 員: 72名
受講料:3,000円(税込)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




運動・体育の指導&サポート法

運動・体育の指導&サポート法
~発達が気になる子どもの「苦手」を「できる」に変える!~



体育の授業では、なかなか上手にできない子どもを見かけます。体の動きは目に見えるため、本人も周りにも成功と失敗がはっきりとわかります。 そして、失敗が重なるにつれて体育はやりたくないものになってしまいます。
この時に、気持ちだけを前向きにしても失敗は続きます。まず、できない原因を分析して、基本の動きからしっかりとサポートしていき、“できる体”をつくることが大切です。

このセミナーでは、「運動・体育」をテーマに、かけっこやボール遊び、なわとび、バタ足動作などについて、ピラミッド構造による動きの理解から、 運動課題に対する具体的な指導・サポート法までを動画を用いながら解説します。

小さな成功体験から子どものやる気につながっていきます。また、ご家族や教員、指導員の方も指導の効果を実感することができ、 お互いに良い循環となって運動を楽しむことができます。セミナーで紹介する遊びプログラムを参考にして、ぜひ楽しく取り組んでいただければと思います。

■講師
笹田哲先生

笹田 哲 先生
神奈川県立保健福祉大学 リハビリテーション学科 学科長 作業療法学専攻 教授/作業療法士


【 日時・会場 】
日 程: 2019年 7月28日(日) 10:00~16:00 (開場 9:30)
会 場:ジャパンライムセミナースタジオ
東京都文京区本郷4-2-8 フローラビル3F 
    東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「本郷三丁目」駅 徒歩2分
定 員:36名
受講料:6,480円(税込)

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




第2回 不器用な子どもたちのからだづくり

第2回 不器用な子どもたちのからだづくり
~ビジョントレーニング×yogaトレ(R)~



中尾繁樹先生・北出勝也先生・植田真由先生、
3名の講師による特別コラボセミナー。
好評につき第2回開催決定!

よく転んでケガをする…
姿勢の維持ができない…
はさみがうまく使えない…

このように体の動きや手先の不器用さが目立つ子どもを目にすることが多いのではないでしょうか。 不器用さの原因は様々ですが、ボディイメージが未確立であることや、 目の動きと体の動きの協調性が不十分であることなどが挙げられます。

このセミナーでは、3名の講師をお招きして、 視覚機能向上のための「ビジョントレーニング」と、 姿勢改善メソッドである「yogaトレ®」を融合した、 からだづくりエクササイズをご紹介いたします。
その中で、中尾先生が考案した体操もあわせて紹介いたします。
参加者の皆様も一緒に体を動かしながら、楽しく学んでいただけるセミナーです!

■講師プロフィール
中尾先生

中尾 繁樹 先生
関西国際大学 教育学部教育福祉学科 教授 
 
中尾先生

北出 勝也 先生
視機能トレーニングセンター JoyVision代表/米国オプトメトリスト  

中尾先生

植田 真由 先生
株式会社yoga i.um 代表取締役
      

【 日時・会場 】
日 程: 2019年 7月7日(日) 10:25~17:00(開場10:00)
会 場:すみのえ舞昆ホール 大阪市住之江区御崎3-1-17
定 員: 210名
受講料:6,480円(税込)

☆2名以上申込みでお得!☆
1名あたりの受講料6,480円(税込)⇒5,400円(税込)に!
(例:2名様の場合、5,400円×2=合計10,800円)

ぜひご友人や職場の皆様とご一緒にご参加ください!


【 タイムスケジュール 】※当日の進行状況により前後する可能性がございます。
■10:25~11:25 第一講座『からだづくりの基本』講師:中尾先生
■11:40~12:40 第二講座『ビジョントレーニング』講師:北出先生
□12:40~13:40 昼休憩(昼食はご用意しておりません。各自ご持参ください。)
□13:40~14:00 設営(大変恐縮ですが、机・椅子の移動にご協力をお願いします。)
■14:00~15:00 第三講座『yogaトレ®』講師:植田先生
■15:15~17:00 第四講座『実践!ビジョントレーニング×yogaトレ®』講師:中尾先生、北出先生、植田先生


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!