1. ホーム>
  2. 発達障害支援>
  3. セミナー情報

発達障害支援

現在申込み受付中のセミナー

・5月26日東京開催『障害のある子の家族が知っておきたい『親なきあと』~『親あるあいだ』の準備』講師:渡部伸
・5月26日東京開催『教育のユニバーサルデザインと合理的配慮』講師:阿部利彦
・5月13日大阪開催『叱らないけど譲らない提案・交渉型アプローチ』/『発達障害の理解と支援』講師:武田鉄郎/伊丹昌一
・4月21日東京開催『動作ピラミッド法による書字動作の指導プログラム』講師:笹田哲
・4月15日東京開催『読み書きの苦手な児童生徒への単語の読み指導』講師:村上加代子
・4月15日東京開催『ディスレクシア(読み書きの障害)を理解して支援する』講師:藤堂栄子
・3月18日大阪開催『様々な視点から発達障害支援を考える』講師:笹森理絵/松本拓真
・2月11日東京開催『発達障害まるかじり』/『発達障害者の人付き合い』講師:平岩幹男/村上由美

セミナータイトルをクリックすると詳細ページにジャンプします。




渡部先生セミナー

障害のある子の家族が知っておきたい『親なきあと』~『親あるあいだ』の準備



知的障害のある子どもがいる親にとって、自分たちがいなくなったあと、
面倒をみられなくなったあとの子どもの生活がどうなるのかは、とても大きな心配事です。
「でも、今はまだ自分は元気だし、日々のことで精いっぱい」、
「将来のために何をすればいいのかもわからない」、「心配はしているけど実際の準備は何もしていない」
という方が多いのではないでしょうか。

今回のセミナーでは、ご自身も知的障害の子どもをもつ、行政書士の渡部伸先生をお招きして、
「障害を持つ子どもの親なきあと」についてお話しいただきます。
十分な準備がないままお子さんを社会に残してしまうようなことにならないよう、
制度や福祉サービスを理解して、できることから始めてみませんか?

※本セミナーは、撮影してジャパンライムよりDVDとして発売する予定です。
 撮影に際しては、受講者の皆様の顔が写らないように配慮いたします。



【 日時・会場 】

日 程: 2018年 5月26日(土) 14:00~16:00 (開場 13:30)
会 場:エッサム神田ホール 本社ビル グリーンホール
    東京都千代田区神田須田町1-26-3
定 員: 80名
受講料:3,240円(税込)


【 講師プロフィール 】
渡部伸

渡部伸 先生

1961年生、福島県会津若松市出身
「親なきあと」相談室主宰
東京都行政書士会世田谷支部所属
2級ファイナンシャルプランニング技能士
世田谷区区民成年後見人養成研修終了
世田谷区手をつなぐ親の会副会長

【著書】
障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」
障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本
(ともに主婦の友社刊)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




阿部先生セミナー

教育のユニバーサルデザインと合理的配慮



教育のユニバーサルデザインとは発達障害のある、なしに関わらず、より多くの子どもたちにとって分かりやすく、
学びやすく配慮された教育のデザインである、と私は考えています。
それは、様々な学びや行動につまずきを持つ子が、通常学級の日常において学習や活動に興味を持ち、
新たに視野を広げられるような工夫と言えるでしょう。

さて、保護者の方々は「私たちには関係ないことかも」と思われるかも知れません。
実は家庭での学習にもいかせる工夫はたくさんあるのです。
本講座では、教育のユニバーサルデザイン(全体支援)と合理的配慮(個別支援)の両輪で、
より多くの子どもたちが安心して学ぶことのできる場をどう作っていくか、を考えていきます。

通常学級に在籍しているさまざまな困難や支援ニーズのある子どもも支える授業づくり、
学級づくりについて共に学びましょう。

※本セミナーは、撮影してジャパンライムよりDVDとして発売する予定です。
 撮影に際しては、受講者の皆様の顔が写らないように配慮いたします。



【 日時・会場 】

日 程: 2018年 5月26日(土) 10:30~12:30 (開場 10:00)
会 場:エッサム神田ホール 本社ビル グリーンホール
    東京都千代田区神田須田町1-26-3
定 員: 80名
受講料:3,240円(税込)
☆早割受講料☆:2,160円(税込)
※早割は、2018年3月26日までのお申込で、
お申込から10日以内にご入金いただいた方が対象となります。


【 講師プロフィール 】
阿部利彦

阿部利彦 先生

星槎(セイサ)大学大学院 教育実践研究科 准教授
埼玉県特別支援教育推進委員会 委員長
日本授業UD学会 理事
特別支援教育士SV

発達障がいのある子の魅力やサポート法について、講演会・教員研修に全国を飛び回る。
その活躍はNHKハートフォーラム、Eテレ、毎日新聞、読売新聞など多数のメディアでたびたび取り上げられている。

【著書等】
発達障がいを持つ子の「いいところ」応援計画(ぶどう社)
クラスで気になる子の支援ズバッと解決ファイル(金子書房)
授業のユニバーサルデザインと合理的配慮(金子書房)
通常学級のユニバーサルデザインスタートダッシュQ&A55 (東洋館)
その他著書多数。

【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




武田先生伊丹先生セミナー

「叱らないけど譲らない提案・交渉型アプローチ」/「発達障害の理解と支援」



【当日のスケジュール】
第一部 10:00~12:00
『叱らないけど譲らない提案・交渉型アプローチ』講師:武田鉄郎先生

第二部 13:00~15:00
『発達障害の理解と支援』講師:伊丹昌一先生



第一部 10:00~12:00

叱らないけど譲らない提案・交渉型アプローチ
-発達障害のある子どもの二次障害予防を考える-

   講師:武田鉄郎先生(和歌山大学大学院教育学研究科 教授)

発達障害の子どもを指導・支援する方法として、問題に直面した子どもに対し、 “叱らないけど譲らない”状態で、支援者が解決に向けたいくつかの方法を「提案」し、「交渉」を重ね、 子どもが自主的・主体的に解決法を「選択」できるようにすることを提案・交渉型アプローチと呼んでいます。 発達障害は脳のレベルでの障害であり、脳のレベルではその障害は進行しないと言われています。

しかし、発達障害の子どもは、幼児期からの日常や集団生活の中で、自尊感情を低下させ、情緒的に不安定になったり、 心身症等になったり、問題行動を起こしたりすることがあります。これらは二次障害と呼ばれる状態です。 本講義では、二次障害のアセスメントを紹介しながら、事例を通して提案・交渉型アプローチの効用について、 ストレス理論の枠組みでお話しします。そして、子どもたちの理解や支援、二次障害予防についてご一緒に考えてみたいと思います。


第二部 13:00~15:00

発達障害の理解と支援

  講師:伊丹昌一先生(梅花女子大学心理こども学部心理学科 教授)

最近の子ども支援に関わる課題として、学習面や行動面・対人面にやりにくさのある子どもが多くなっているという点があります。
そこで、本講義では子どもの生得的なやりにくさである発達障害について学ぶとともに、
同様の症状を呈する反応性愛着形成不全等の子どもの理解とその効果的な支援の方法をお伝えします。

※午後の部は、撮影してジャパンライムよりDVDとして発売する予定です。
 撮影に際しては、受講者の皆様の顔が写らないように配慮いたします。



【 日時・会場 】
日 程: 2018年 5月13日(日) 10:00~15:00(開場 9:30)
会 場:大阪社会福祉指導センター 多目的ホール
    大阪府大阪市中央区中寺1-1-54
定 員: 140名
受講料:5,400円(税込)

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




笹田哲先生セミナー

動作ピラミッド法による書字動作の指導プログラム
~字を書く“動き”に焦点をあてた書字の分析と指導法~



書字練習では、子どもが書いた字に目が向きがちで、繰り返し書くことで正そうとするケースがよく見られます。 しかし、字だけではなく子どもの体にも目を向ける必要があります。
なぜなら、書字は「座る」「鉛筆を持つ」「見る」「考える」などが統合されて成り立つ作業だからです。 本講座では、4段階のピラミッド構造で書字を分析し、それぞれの段階で書字が苦手な子にみられる特徴と、 改善のための身体介助を取り入れた具体的な指導法を解説します。
学校や療育の現場、家庭でも取り組める内容を中心にお伝えします。


【 日時・会場 】
日 程: 2018年 4月21日(土) 10:00~16:00(開場 9:30)
会 場:中央大学駿河台記念館 670教室
東京都千代田区神田駿河台3-11-5
(JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車、徒歩約3分)
定 員: 70名
受講料:6,480円(税込)

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。



【 講師プロフィール 】
笹田哲

笹田哲 先生

神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科 教授/作業療法士

【著書等】
書字指導アラカルト(2014 中央法規)
気になる子どものできたが増える 書字指導ワーク1 認知・見る力編(2014 中央法規)
気になる子どものできたが増える 書字指導ワーク2 ひらがな編.(2014 中央法規)
気になる子どものできたが増える 書字指導ワーク3 数字・カタカナ編.(2014 中央法規)
その他著書多数。

【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




村上加代子先生セミナー

読み書きの苦手な児童生徒への単語の読み指導
~文字と音をつなぐ指導の理論と実践~



村上加代子先生より
中学生で英語学習に躓きを感じる生徒の多くは「単語が読めない」という問題から始まり、 スペリングが覚えられない、文法がわからない、読解ができない・・・と、次々と躓きの連鎖が生じます。 またアルファベットの混乱は、初期指導に躓くと高校生までも継続してしまいます。
ですが、これまで私が読み書きの苦手な児童生徒への指導を通じて実感していることは、 「適切な指導がなされれば、LDがあっても英語の単語の読み書きは上達する」です。
あきらめるのはまだ早い。

本セミナーでは主に中学生で「暗記に頼らない」単語の読み書きスキルを目標とした指導の方法について、 アルファベットから英語の音韻認識、フォニックスの理論と実践をご紹介します。
参加者には音韻認識とデコーディング体験を通じて、「音を操作するってこういうこと」 「読めるってこういうこと」を感じて頂きたいと思っています。

(キーワード:デコーディング、音韻認識、フォニックス、ディスレクシア)


【 日時・会場 】
日 程: 2018年 4月15日(日) 13:30~16:00 (開場 13:00)
会 場:損保会館 大会議室
    東京都千代田区神田淡路町2丁目9
(JR 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分)
定 員: 150名
受講料:3,240円(税込)
☆早割受講料☆:2,160円(税込)
※早割は、2018年2月28日までのお申込で
、 お申込から10日以内にご入金いただいた方が対象となります。



【 講師プロフィール 】
村上加代子

村上加代子 先生

神戸山手短期大学 准教授
H19年からLD児童生徒専門の英語教室(チャレンジ教室)を主催。

【著書等】
『読み書きが苦手な子どものための英単語指導ワーク』(単著, 明治図書)
『シリーズ・新時代の学びを創る外国語活動・英語科授業の理論と実践』(共著、あいり出版)
「学習障害につまずく子たちへの適切な指導を目指して」『実践障害児教育』連載中)
その他講演・研修会等多数。


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




藤堂栄子先生セミナー

ディスレクシア(読み書きの障害)を理解して支援する
~本来の能力を発揮して活き活きと暮らすために~



ディスレクシアとは発達障害の中でも一番目立たない、そして対応が遅れているLD(学習障害)の中でも 特に読み書きの困難さを示す状態を言います。人口の8%はいると言われていますが、 英語学習の困難さについてはまだ調査もありません。 適切な対応や支援がなされれば、十分に本来の力を発揮して社会で活躍することができる人たちです。
反対に、見過ごされ、または不適切な対応がされると、不登校になったり、鬱になったり、 好ましくない行動がみられるようになったりすることも多くみられます。 多くの周りの大人が理解をして、適切な支援や対応ができるようになることが一番の支援です。

今回は、星槎大学特任教授であり、認定NPO法人エッジ会長の藤堂栄子先生をお招きして、 ディスレクシアとは何なのか、本人たちはどのようなことで困っているのか、どのような支援が望ましいのかを含めて、 ご講演いただきます。
中でもすぐに使える支援の方法、合理的な配慮の考え方、いくつかの事例を上げながら、 学年やライフステージに沿って詳細にお話いただきます。

※本セミナーは、撮影してジャパンライムよりDVDとして発売する予定です。
 撮影に際しては、受講者の皆様の顔が写らないように配慮いたします。


【 日時・会場 】
日 程: 2018年 4月15日(日) 10:00~12:00 (開場 9:30)
会 場:損保会館 大会議室
    東京都千代田区神田淡路町2丁目9
(JR 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分)
定 員: 150名
受講料:3,240円(税込)
☆早割受講料☆:2,160円(税込)
※早割は、2018年2月28日までのお申込で
、 お申込から10日以内にご入金いただいた方が対象となります。



【 講師プロフィール 】
藤堂栄子

藤堂栄子 先生

星槎大学特任教授、認定NPO法人エッジ会長
慶應義塾大学法学部政治学科卒。星槎大学大学院教育研究科修士課程修了。法学士、教育学修士。
長男が1999年に留学先の英国でディスレクシアと判断されてNPO法人を設立。
以降数々の支援ツールと人材育成モデルを提供、2016年より星槎大学特任教授。

【著書】
・ディスレクシアでも大丈夫(ぶどう社)
・ディスレクシアでも活躍できる(ぶどう社)
・そのほか著書多数


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




笹森理絵/松本拓真セミナー

様々な視点から発達障害支援を考える
『生きづらさの原因を知り、生きること』/『発達障害支援者のためのストレスマネジメント』



【当日のスケジュール】
第一部 10:00~12:00
『え?!私が発達障害?!生きづらさの原因を知り、生きること』講師:笹森理絵氏

第二部 13:00~16:00
『発達障害支援者のためのストレスマネジメント』講師:松本拓真先生



第一部 10:00~12:00

『え?!私が発達障害?!生きづらさの原因を知り、生きること』

   講師:笹森 理絵 氏(精神保健福祉士/社会福祉士)

今、大人になってから発達障害と診断される人が増えています。診断されて、 ホッとするのか、戸惑うのか、それは人それぞれだと思いますが、 そこに至るまでの道のりと、そこからの生き直しの人生を、 実際に大人になってから発達障害と診断された笹森氏が、実体験を画像スライドで紹介しながらお話いたします。

発達障害の特性や生き方のことだけではなく、障害とは結局 何なのか、 障害のある自分が生きる意味とは何なのか、そう言ったこともお話いただきます。

※第一部 笹森氏の講演では、スライド資料の配布がございません。予めご了承ください。


第二部 13:00~16:00(途中休憩あり)

発達障害支援者のためのストレスマネジメント
~支援者の感情を対象者の理解につなげる視点~

  講師:松本 拓真先生(岐阜大学教育学部助教、NPO法人子どもの心理療法支援会理事)

発達障害を抱える人を支援する際に、その人と深く関われば関わるほど、 様々な感情が支援者側には生じます。あたたかさ・嬉しさ・やりがいなどであればいいのですが、 怒り・失望・無力感など苦痛な感情を生じることも多くあります。 それにより支援者側が心を病むことやバーンアウト(燃え尽き)することも珍しくありません。

この講座は、まずストレスマネジメントの方法を学び、支援者自身が生き生きと仕事をし続けられることを目指します。 しかし、ストレスマネジメントという言葉は、支援者がタフで、冷静で、 めったなことで動じるべきではないと誤解されがちですし、支援者は自分だけ楽になるのは 支援対象者に悪いと思ってしまうことがあります。

そもそも私たちに生じる不快な感情というものの正体は何なのでしょう?実はそこにこそ、 支援対象者の気持ちを理解するヒントがあるのです。 この講座の特色は、支援者が苦痛な感情に耐えようという姿勢から、苦痛な感情から子どもを 理解しようという姿勢に変化していただくというところにあります。



【 日時・会場 】
日 程: 2018年 3月18日(日) 10:00~16:00 (開場 9:30)
会 場:マイドームおおさか 第3会議室
    〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号
大阪市営地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町駅」徒歩6分
定 員: 60名
受講料:6,480円(税込)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




平岩幹男/村上由美セミナー

発達障害の理解と支援セミナー
『発達障害まるかじり』/『発達障害者の人付き合い』



【当日のスケジュール】
第一部 10:30~12:00『発達障害まるかじり』講師:平岩幹男
第二部 12:50~15:10『発達障害者の人付き合い』講師:村上由美
第三部 15:20~16:00『平岩幹男先生・村上由美先生 対談』



第一部 10:30~12:00

『発達障害まるかじり』

   講師:平岩幹男 先生(なかじまクリニック発達外来担当 東京大学医学部小児科非常勤講師)

発達障害はその言葉は広く知られるようになりましたが、それが具体的にどのようなものであり、 何がなぜ問題になるのかは意外な程認識されていませんし、 その対応についてもできることが多いのに知られていないという面があります。 今回は発達障害とは何かから始まり、幼児期の課題から思春期成人期の課題まで、一通りお話します。 さまざまな形で発達障害に関わっておられる方にとっても「おさらい」になるかもしれません。


第二部 12:50~15:10(13:50~14:10休憩)

『発達障害者の人付き合い』

  講師:村上由美 先生(言語聴覚士)

発達障害で多くの人を悩ませるのが友人関係・人間関係のトラブルでしょう。 「人と仲良くしてほしい」というのは親や教師なら当然の願いかもしれません。 しかし、それは当事者にとってはかなり負担を強いられている面があるのは見落とされがちです。 この講義では発達障害当事者・家族でもある講師が自分や家族との経験を交えながら、 ライフステージに沿って着目すべきポイントを整理していきます。 また、日常生活で陥りがちな問題について背景を探り、対応について考察・提案します。


第三部 15:20~16:00 
 

『平岩幹男先生・村上由美先生 対談』 

  講師:平岩幹男 先生(なかじまクリニック発達外来担当 東京大学医学部小児科非常勤講師)
講師:村上由美 先生(言語聴覚士)

本セミナーのまとめとして、それぞれの視点からお話いただきます。


※本セミナーは、撮影してジャパンライムよりDVDとして発売する予定です。 撮影に際しては、受講者の皆様の顔が写らないように配慮いたします。


【 日時・会場 】
日 程: 2018年 2月11日(日) 10:25~16:00 (開場 10:00)
会 場:エッサム神田ホール2号館 3階
    東京都千代田区内神田3-24-5
(JR神田駅北口から徒歩2分)
定 員: 130名
受講料:6,480円(税込)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!