1. ホーム>
  2. 発達障害支援>
  3. セミナー情報

発達障害支援

現在申込み受付中のセミナー

・2020年5月17日 名古屋開催『自閉スペクトラム症児の感覚と運動の問題の理解』講師:岩永竜一郎
・2020年4月26日 東京開催『発達障がい児の運動発達アプローチ』セミナー講師:森嶋勉
・2020年4月19日 福岡開催『発達性協調運動症(DCD)の理解と支援』セミナー講師:鴨下賢一/岩永竜一郎
・2020年4月5月全3回 東京開催『発達が気になる子への支援や関わり方を考える』セミナー講師:土屋徹
・2020年3月22日 仙台開催『発達の気になる子どものビジョントレーニング』セミナー講師:北出勝也
・2020年2月11日・3月22日 大阪開催『発達障害のある子どもへのSSTとペアレントトレーニング』講師:伊丹昌一
・2020年2月16日 東京開催 発達が気になる子への生活動作の教え方<1DAYセミナー>講師:鴨下賢一
・2020年2月2日午後 東京開催「事例で学ぶ学習支援」講師:澳塩渚
・2020年2月2日午前 東京開催「教材から考える学習支援」講師:澳塩渚
セミナータイトルをクリックすると詳細ページにジャンプします。




自閉スペクトラム症児の感覚と運動の問題の理解

自閉スペクトラム症児の感覚と運動の問題の理解



自閉スペクトラム症 (Autism Spectrum Disorder;ASD)児には感覚面や運動面の問題が見られることが多いです。
それらの問題が生活上の適応困難を引き起こすことがあるため、それらのアセスメントや改善に向けた介入や支援が必要です。
感覚面においては、感覚刺激への過剰反応、低反応、感覚探求などの反応の偏りが見られることがあるため、それぞれに応じた生活場面での対応が必要となります。 運動面の問題に対しては、協調運動能力を育てる介入と苦手さへの支援が必要です。日常生活場面において困難を軽減するための支援を考えなければなりません。

本講演ではASDの感覚面及び運動面の問題について、これまで明らかになっている知見とそれらの問題があるASD児への介入及び、支援方法について紹介します。

■講師
岩永竜一郎 先生

岩永竜一郎 先生
長崎大学 生命医科学域 (保健学系) 教授
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科  教授
長崎大学子どもの心の医療・教育センター 副センター長
(長崎大学医学部保健学科作業療法学専攻 兼任)


【 日時・会場 】
日 程: 2020年 5月17日(日) 10:00~16:00(開場 9:30)
会 場:名古屋国際会議場 展示室211+212
    名古屋市熱田区熱田西町1番1号
   (地下鉄名城線「西高蔵駅」(2番出口)もしくは地下鉄名港線「日比野駅」(1番出口)下車、駅から徒歩5分)
定 員: 160名
受講料:6,600円(税込)

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




『発達障がい児の運動発達アプローチ』セミナー

『発達障がい児の運動発達アプローチ』セミナー



障がい児のための運動・スポーツ療育施設、チットチャット・スポーツ塾の指導実績から編み出された「運動発達アプローチ」、 その実際を様々な指導事例を交えて紹介します。

運動・スポーツを発達障がい児にはもちろんのこと、すべての人にいかに活かすか、その考え方と手法を講義と実技でお伝えします。
またチットチャット・スポーツ塾が活用している独自の「タイプ別指導法」を紹介し、子どもたちの気質や特性にあわせた指導法のヒントとして紹介します。

■講師
森嶋勉先生

森嶋 勉 先生
株式会社チットチャット 取締役/NPO法人チットチャット 副理事長


【 日時・会場 】
日 程: 2020年4月26日(日) 13:00~16:00 (開場 12:30)
会 場:全国家電会館 1F大会議室
    東京都文京区湯島3丁目6番1号(湯島駅・末広町駅から徒歩5分)
定 員: 60名
受講料:4,950円(税込)



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




発達性協調運動症(DCD)の理解と支援

発達性協調運動症(DCD)の理解と支援



近年、発達性協調運動症(Developmental Coordination Disorder; DCD)への注目が高まっています。
DCDは発達障害の一種で、鋏や食器の使用や、書字、自転車乗り、スポーツがうまくできないなど、協調された運動スキルの獲得や使用が困難であり、 学校生活、遊びなどの日常生活活動に著しく困難が生じている状態です。 運動の練習不足等ではなく、中枢神経系の機能障害によって起こると推定されており、その発生率は5-6%とされています。

このセミナーでは、作業療法士の岩永竜一郎先生と鴨下賢一先生をお招きして、発達性協調運動症児の特性、評価、支援のポイントなどをお話いただきます。

【 日時・会場 】
日 程: 2020年 4月19日(日)10:00~16:00 (開場 9:30)
会 場:リファレンス駅東ビル 3階 H-2会議室
    福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目16-14(博多駅筑紫口から徒歩5分)
定 員: 140名
受講料: 7,700円(税込)

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。


午前の部 10:00~12:30 
発達性協調運動症児の特性・アセスメント・支援
講師:岩永竜一郎先生

DCD児は、学校生活で困難が出やすく、体育などで他の生徒よりもうまくできないことから、劣等感や疎外感が起こりやすい傾向があります。 また、DCDのある成人には抑うつや不安が高頻度に見られることがわかっています。このようにDCDのある人は深刻な問題を抱えることもあるため、周囲の人が理解を深め、支援することが重要と言えます。 そこで、本講演ではDCD児の特性とアセスメント及び支援をご紹介します。


午後の部 13:30~16:00
発達性協調運動症児に対するスモールステップの支援
講師:鴨下賢一先生

子どもはうまくできなければ行おうとしません。食事や更衣、排泄動作、粗大遊びがうまくできない場合には、身辺自立が遅れたり、他児との遊びにうまく参加できないことで、自己有能感が高まらず、自尊感情の発達を妨げてしまいます。 学習においても、書字や定規・コンパス・リコーダーなど道具の操作に苦労することが多く、その苦手さから嫌いになり、結果的に学習が遅れる場合もあります。 子どもはうまくできない場合に、わざと失敗をしたふりをして、出来ないことをごまかそうとします。その結果叱られる場面も増え、その場への参加も拒むようになってしまいます。

このような子どもたちに対する作業療法は、苦手さの原因を分析し、スモールステップで支援していきます。 子ども自身の発達を伸ばすことはもちろんですが、道具の工夫なども重要です。以上を踏まえて、 本講演では具体的な支援をお伝えしたいと思います。



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




発達が気になる子への支援や関わり方を考える

発達が気になる子への支援や関わり方を考える



発達が気になる子との関わりのなかで、「なぜ?どうして?」と疑問を持つことや、日々悩んだり葛藤したりすることがあると思います。
そのときに、子どもの『問題行動』ばかりに注目してしまい、その子本来の強みを活かすことができないと、悪循環になってしまうことがあります。

このセミナーでは、まず、発達が気になる子の特性や関わり方について共通認識を持つために、基礎知識の確認からはじめて、次に、参加者の方々の『困っている・悩んでしまう場面』などを共有して、子どもたちへの関わりを学びます。

実際の支援の場面では、支援の手法をただ当てはめるだけでは上手くいきません。
このセミナーは、講師からの一方通行の情報伝達ではなく、皆さんが一緒に「考える」ことを大切にしたいと思います。
事例検討を通して皆さんが一緒に考え、よりよい関わりについて学ぶ機会にしたいと思います。

【 講師 】
土屋 徹 先生
フリーランスナース/ソーシャルワーカー/SST普及協会認定講師 

【 日程 】
第1回 2020年4月16日(木)10:00-12:00(開場9:30)
発達が気になる子どもたちへの関わりでは、まずは『相手を知ること』が大切です。
第1回では、次回以降の事例検討に進むにあたり、発達が気になる子の特性を学び、参加者の皆さんで共有する時間を持ちたいと思います。

第2回 2020年4月30日(木)10:00-12:00(開場9:30)
第3回 2020年5月14日(木)10:00-12:00(開場9:30)
第2回・第3回では、応用行動分析やソーシャルスキルトレーニング(SST)などのエッセンスを用いて、参加者の方々から出された事例をもとに検討していきます。そのなかで、場面シートやロールプレイ等を実践していただきます。

【 会場 】
ジャパンライムセミナースタジオ
東京都文京区本郷4-2-8 フローラビル3F
(東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線 本郷三丁目駅下車、徒歩2分)

【 受講料 】
3回分 13,200円(税込)
※各回単独の受講はできませんのでご了承ください。

【 定員 】
35名

【 セミナー参加対象 】 支援者、保護者



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




『発達の気になる子どものビジョントレーニング』セミナー

『発達の気になる子どものビジョントレーニング』セミナー



視覚機能の問題は気づかれにくく、子どもは一生懸命がんばっているのに、 「努力がたりない」、「もっとがんばりなさい」といった指導をされることがあります。この時に、視覚機能の知見があれば、 子どもたちの色々なサインから視覚機能の弱さに気づき、個別の配慮につなげることができるのです。
本セミナーでは、眼球運動の問題によってどのような困り感がみられるのか、どのようにして観察するのかを解説し、 視覚機能の問題にあわせて行える、ビジョントレーニングをご紹介します。

今回は、1DAYセミナーとなりますので、さまざまな検査法・トレーニング方法をご紹介いただく予定です。 実技も多くとりいれたセミナーですので、参加者の皆様も一緒に行いながら学んでいただけます。

子どもたちが楽しく遊びながら行えるものも多くありますので、ぜひ日常の中に取り入れていただければと思います。

■講師
北出勝也先生

北出勝也先生
視機能トレーニングセンター JoyVision 代表

米国オプトメトリスト(検眼士)
一般社団法人視覚トレーニング協会 代表理事
一般社団法人日本視覚能力トレーニング協会 理事
兵庫県立特別支援教育センター 巡回相談員

1999年 米国パシフィック大学 オプトメトリースクール卒業
同年 視機能トレーニングセンターJoyVison を神戸に開設
全国の小中学校、教育センターなどでビジョントレーニングの講演活動を行う。

【主な著書】
・学ぶことが大好きになるビジョントレーニング(図書文化社)
・学ぶことが大好きになるビジョントレーニング2(図書文化社)
・クラスで楽しくビジョントレーニング(図書文化社)
・勉強と運動が苦手な子のビジョントレーニング(PHP社)


【 日時・会場 】
日 程: 2020年 3月22日(日) 10:00~15:00(開場 9:30)
会 場: フォレスト仙台 第1・2フォレストホール
      宮城県仙台市青葉区柏木1-2-45
(南北線 北四番丁駅 徒歩約7分/JR仙山線北仙台駅 徒歩約10分)
定 員: 150名
受講料:6,600円(税込)

昼食はご用意していません。各自でお取りください。
実技がありますので、動きやすい服装でお越しください。



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




発達障害のある子どもへのSSTとペアレントトレーニング【全2回】

発達障害のある子どもへのSSTとペアレントトレーニング【全2回】



過去2回にわたり、SST&ペアレントトレーニングの1dayセミナーを開催いたしました。
今回は、より深く学んでいただくために、それぞれ1日ずつ、計2日間のセミナーとして開催します。
各回のお申し込みも可能です。

<受講料>
■全2回お申込み特別価格:13,200円(税込)※通常14,300円(税込)
■各回:7,150円(税込)


■講師
伊丹昌一 先生

伊丹昌一 先生
梅花女子大学心理こども学部心理学科 教授


<1日目> 2日11日開催 
発達障害のある子どもへのSST(ソーシャルスキルトレーニング)

<セミナー概要>
発達障害のある子どもは生まれながらに生き辛さを有しています。
このセミナーでは、その特性の基本的理解を学び、 幸せな生活を送るためにどのように人とうまく関わればいいのかを教えるために、 大学で実践しているソーシャルスキルの実践例をもとに講義します。
ストラテジーシートを使った計画の作り方も演習いたします。

< 日時・会場  >
日 程: 2020年 2月11日(火・祝) 10:00~16:00 (開場 9:30)
会 場: 新大阪丸ビル別館 2階 2-3会議室
    大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-22(JR新大阪駅東口より 徒歩2分)
定 員: 140名

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。


<2日目> 3日22日開催 
発達障害のある子どものペアレントトレーニング

<セミナー概要>
発達障害のある子どもの生まれながらの生き辛さを、行動分析の理論に基づいて科学的に解説します。
そしてその理論に基づき、誰も責めることのない子育てや、支援を実施するための具体的方法を演習を通してお伝えします。
教員や支援者向けに、保護者への支援のあり方全般についても講義します。

< 日時・会場 >
日 程: 2020年 3月22日(日) 10:00~16:00 (開場 9:30)
会 場:CIVI研修センター新大阪東 E5hall
    大阪市東淀川区東中島1丁目19番4号 新大阪NLCビル 5F(JR「新大阪」駅下車 東口から50m)
定 員: 140名

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。




発達が気になる子への生活動作の教え方<1DAYセミナー>

発達が気になる子への生活動作の教え方<1DAYセミナー>



これまで半日(3時間)で開催してまいりましたが、 時間の都合でお話できなかったところまで、より詳しくお話いただけるよう、今回は1DAYセミナーとして開催いたします!

子どもが成長する中で獲得していく、食事、更衣、排泄は、単に身辺自立が出来るようになるだけでなく、手の機能や認知・言語機能などの発達にも影響を与えます。 また、出来るようになることで、自己評価が高まり、最も大切な自尊感情の発達にも良い影響を与えます。

しかし、発達が気になる子どもたちの中には、いくら教えてもうまくできないことがあります。 それは、うまくできない原因がいくつもあり、その子どもにあった教え方になっていないことが考えられます。 また、大人と同じやり方ではなく、子どもの発達にあった段階を順に教えていくことも大切になります。

本セミナーでは、発達段階を踏まえた、生活の中で取り入れられる具体的な支援方法をお伝えしたいと思います。 今回は、これまでの3時間セミナーでは詳しくお伝えしきれなかった、着替えや排泄なども解説を加える予定です。 また、参加者の皆様にも体験していただく時間を増やし、深い学びの1日にしたいと考えております!
ぜひご参加ください。

■講師
鴨下賢一先生

鴨下賢一先生
作業療法士。専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育)。
1989年静岡医療福祉センター入職。
1993年より静岡県立こども病院へ入職。
2019年3月に27年間勤務した静岡県立こども病院を退職し、
同年4月より、株式会社児童発達支援協会を創立し、福岡県にて障害児通所支援事業を開始する。


【 日時・会場 】
日 程: 2020年 2月16日(日)10:00~16:00 (開場 9:30)
会 場:アットビジネスセンター東京駅八重洲通り 501号室
東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル 5​階
     (日比谷線 八丁堀駅より徒歩2分/JR東京駅(八重洲口)より徒歩約10分​)
定 員: 140名
受講料: 6,600円(税込)

※昼食はご用意していません。各自でお取りください。



【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




事例で学ぶ学習支援

事例で学ぶ学習支援



このセミナーでは、文字、数・計算の学習支援について、事例を通して解説します。 複数の事例を通して 、学習のつまずきがどのような場面で表れるのか、 つまずきに気が付くためにはどのような点に注意して観察するといいのか等を具体的にお話しします。

そして、教科学習のサポート方法だけでなく、学習が苦しくならないようにどうやって子どもたちと関わっていくかについても解説していきます。

■講師
澳塩渚先生

澳塩 渚 先生
臨床心理士 / 学習支援教室「まなびルーム ポラリス」主宰
 

【 日時・会場  】
日 程: 2020年 2月2日(日) 13:00~15:00 (開場 12:30)
会 場:全水道会館 5階 中会議室
    東京都文京区本郷1-4-1(JR水道橋駅 東口より徒歩2分)
定 員:60名
受講料:3,300円(税込)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!




教材から考える学習支援

教材から考える学習支援



このセミナーでは、『文字、数、作文の学習支援で役立つ教材』をテーマに、 学習についての基礎知識や、つまずきの背景を解説し、そのサポートに使える教材を紹介していきます。

その中で、手軽に手に入るアイテムを使って作る教材や、学習のつまずきに合わせた市販品の活用方法、 手先の細かい動きが苦手な子でも使いやすい学習グッズなどを紹介します。

■講師
澳塩渚先生

澳塩 渚 先生
臨床心理士 / 学習支援教室「まなびルーム ポラリス」主宰
 

【 日時・会場  】
日 程: 2020年 2月2日(日) 10:00~12:00 (開場 9:30)
会 場:全水道会館 5階 中会議室
    東京都文京区本郷1-4-1(JR水道橋駅 東口より徒歩2分)
定 員:60名
受講料:3,300円(税込)


【 参加お申込み 】

セミナーの参加お申込みはコチラから!