1. ホーム>
  2. 発達障害支援>
  3. DVD情報

発達障害支援

F30-S 基礎感覚を育てる発達支援
~ 育てにくい子の 「 つまずきどころ 」 と 「 伸ばしどころ」 ~


基礎感覚を育てる発達支援

■販売価格:15,000円+税(全3巻・分売不可)
■解説:木村 順(療育塾ドリームタイム 作業療法士)

☆ 実践力の土台づくり! 基礎感覚の理解からアプローチまで! 
☆ 「なぜ」を考える視点で、発達のつまずきを紐解く! 


日々接する子どもたちがみせる「こだわり」や「自傷」「他害」といった問題行動は、親や支援者を大いに悩ませるものでしょう。 そのすべてを説明できるものではないにしても、一つの視点として「基礎感覚」の発達のつまずきがあります。 しかし、基礎感覚は子どもに関わる親や支援者が自分の体で実感するのが困難なものなので、 その問題の所在が見えにくく解決できないまま育ってきていることが多いのです。

このDVDでは、「感覚統合」という分野から基礎感覚の発達について解説し、 子どもたちがどこでどのようなつまずきを抱えているかを紐解いていきます。 そして、実際にどのようにして基礎感覚へアプローチしていくのかについて、実践例を交えて解説します。


基礎感覚を育てる発達支援


F30-1 発達のつまずきと育てにくさ(62分) 

■「健常児」の理解
◎粒ぞろいの子どもの姿
◎発達につまずきのある子どもの姿
◎粒ぞろいでない子どもへの支援
■発達のつまずきの前ぶれ
◎0~2歳児たちの異変
◎母子手帳から読み取れる特性
■広義での「発達障害児」の理解
◎文部科学省の見解
◎厚生労働省の見解
■木村流の「育てにくい子」のとらえ方
◎カテゴリー理解とスペクトラム理解
◎4つの発達の柱
■「発達障害児」の特性
◎アスペルガー症候群
◎注意欠陥/多動症(ADHD)
■まとめ


F30-2 基礎感覚の理解とアプローチ(85分)

< 基礎感覚(=初期感覚)の世界 >
■基礎感覚とは
◎基礎感覚を育てることの意味
◎3つの基礎感覚
◎基礎感覚を学んでいくためには
◎身近な例
■感覚と運動の高次化理論
■感覚統合

<基礎感覚へのアプローチ>
■基礎感覚のつまずきから生じる状態像
◎「覚醒レベル」のコントロール
◎「愛着形成(アタッチメント)」のコントロール
◎「自己刺激行動」
◎「筋緊張」のコントロール
◎「平衡感覚(前庭)系」の低反応
◎「力の入れ加減」や「動作範囲」のコントロール
◎「ボディーイメージ」の発達
◎ボディーイメージの発達によってできること
■まとめ


F30-3 実践例と実践的視点(77分)

<基礎感覚を用いたアプローチ実践例>
■触覚を用いた活動
◎触覚防衛の改善
◎目と手の協応活動
◎触覚弁別
◎手先の巧緻動作
■平衡感覚を用いた活動(上下揺れ系)
◎姿勢の軸づくり(1)
◎姿勢の軸づくり(2)/集中力アップ
◎姿勢の軸づくり(3)
■平衡感覚を用いた活動(回転系)
◎多動の改善/眼球運動の改善
■基礎感覚を総合的に用いた活動
◎ボディーイメージづくり/適応力全般の発達
■肢体不自由児への応用例
◎筋緊張亢進の改善

<実践力アップのために>
■発達的視点
■療育的視点
■実践の言語化
■実践家としての自己認知

■まとめ



サンプルムービー


注文ページへ
ジャパンライム通販サイト 商品ページ

F33-S F33-S 発達が気になる子どもの「苦手」を「できる」に変える!
生活動作の指導&サポート法


生活動作の指導&サポート法

■販売価格:15,000円+税(全3巻・分売不可)
■実技・解説:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 保健福祉学研究科 教授/作業療法士)

☆ 就学前から始めたい、体づくりへの具体的な関わり方! 
☆ 子どもの「やってみたい」につなげる!遊びを取り入れたプログラム! 
☆ ピラミッド構造で動きを理解!土台からしっかりと身につける! 


子どもたちの中には、体や手先の動きに問題を抱え、座る・立つといった基本の動作や、 セルフケア、遊び・運動に関する動作が苦手な子どもがいます。 これらは小学校入学後の生活の基本となるため、就学前にやしなっておきたい動作です。

このDVDでは、「生活動作」に焦点をあてて、食事、着替え、トイレ、お風呂など、 生活に欠かせない動きを身につけるために、ピラミッド構造による動きの理解から、遊びを取り入れた、 具体的な指導・サポート法までをご紹介します。

どれもご家庭で実践できる内容ですので、日常のなかで、子どもと一緒に楽しく取り組んでいただければと思います。


F33-1 生活動作の指導・サポート法【1】(57分)

< 食事動作の指導・サポート >
■食事動作について
◎スプーン動作のピラミッド特徴
◎スプーン動作の姿勢
◎スプーンの持ち方
◎箸の持ち方
■食事動作の姿勢
■スプーンや箸を操作する
◎スプーンすくいの練習
◎箸でつまみの練習
◎補助具箸
■おわんを持つ
◎サイコロ遊び
◎マグカップの持ち方
■口を動かす
◎唇でスプーン閉じ
◎笛遊び
◎スポンジ遊び


F33-2 生活動作の指導・サポート法【2】(62分)

< 着替え動作の指導・サポート >
■靴下動作のピラミッド特徴
■着替え動作の姿勢
◎座って着替える
◎割座対策
◎立って着替える
◎履く姿勢をうながす
■ズボンを履く
◎履くサポート
◎はらまき遊び
◎ひざを曲げて長座位歩き
■上着を着る・脱ぐ
◎ティッシュ吹き
◎リストバンドの活用
◎ヘアバンドの活用
■靴下を履く
◎洗濯ばさみの活用
◎いす脚カバーの活用
◎セロテープの活用
◎リング脚通し遊び
◎ジッパー袋の活用
■ボタンかけ
◎ボタン動作のピラミッド特徴
◎つまみ遊び

< トイレ動作の指導・サポート >
■トイレ動作のピラミッド特徴
■バランス感覚をやしなう基本運動
◎四つばいと高ばい歩き
◎振り子立ち体操
◎ひじ合体体操
◎肩回し体操
■方向転換をする
◎はらまき遊び
◎紙袋ジャンプ
◎クッションはさみ歩き
■お尻を拭く
◎足脚体操
◎バランスボールの活用
◎手の向きの確認
■紙を巻く
◎はらまき巻き巻き


F33-3 生活動作の指導・サポート法【3】(59分)

< 入浴動作の指導・サポート >
■洗体動作のピラミッド特徴
■座りの確認
■水で流す
◎桶の活用
◎ジョーロかけ
■水をすくう
◎指の開閉運動
◎すくう動き
■洗う動作
◎スポンジの大きさの検討
◎顔こすり
■手ぬぐいを絞る
◎片手絞り
◎ぐるぐる体操
◎バイク体操
■拭く動作
◎タオルドライ
◎足拭きマットの活用

< 靴動作の指導・サポート >
■靴動作のピラミッド特徴
■バランス感覚・足首の力をやしなう
◎つま先立ち&歩き
◎足のせ体操
◎卵パック踏み
◎足脚体操
■左右の間違え対策

< 手洗い、うがい・歯みがき動作の指導・サポート >
■手洗い動作
◎手洗い動作のピラミッド特徴
◎指の開閉運動
◎バイク体操
■うがい動作
◎おでこ載せ
◎おでこ載せ歩き
■歯みがき動作
◎歯ブラシ持ちチェック
◎口の体操
◎寝て鼻呼吸



サンプルムービー


注文ページへ
ジャパンライム通販サイト 商品ページ